RSS | ATOM | SEARCH
日本農芸化学会2020年度大会

 

2020年度の日本農芸化学会にて、岩出菌学研究所は、三重大学医学部免疫学研究室、静岡大学農学部生物化学研究室とのヒメマツタケに関する共同研究の発表を予定していました。

3月開催予定の大会は、新型コロナウイルス感染症対策のため中止となりましたが、

発表予定の演題は要旨集発行により発表実績として認められました。

 

また、亜臨界水抽出方法により得られたヒメマツタケ抽出物が有する免疫チェックポイント阻害活性についての研究報告は優秀発表に選ばれ、株式会社日経BPにより本発表を紹介する記事が掲載されました。

日本農芸化学会 https://www.jsbba.or.jp/

日経BP記事(有料記事)https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/20/04/07/06783/

 

「免疫チェックポイント阻害作用」は2018年ノーベル医学賞の受賞でも注目されましたが、

がん細胞が免疫細胞に対してブレーキをかけている信号を阻害して、免疫細胞を正常に機能させるための仕組みです。

 

ヒメマツタケ抽出物が有する免疫チェックポイント阻害のはたらきについて、特許の出願もおこなっています。

【ヒメマツタケの免疫チェックポイント阻害機能を有する抗癌剤耐性抑制剤及びその製造方法】

文献番号:特開2018-083807 出願番号:特願2017-217661

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/p0200

 

ヒメマツタケに関する学術報告

http://www.iwade101.com/hime_matsutake_report.html

 

岩出菌学研究所

三重県津市末広町1-9

059-228-5786

author:岩出菌学研究所, category:学会・研究発表, 16:10
-, -