カエンタケ発生 ご注意を!

  • 2017.07.21 Friday
  • 16:35

 

三重県亀山市で、猛毒きのこ‘カエンタケ(火炎茸)’の発生が確認されました。

亀山市役所より連絡をいただき、カエンタケと同定しました。

 

発生状況の確認をかね、採取に研究所所員が出向きました。

カエンタケは、極めて毒性の強いキノコです。

汁に触れただけで皮膚(粘膜)がただれ、食べると消化器不全や神経系の障害で命にもかかわる恐れのある猛毒きのこです。

今回、所員はゴム手袋をつけ、汁が目に飛ぶのを防ぐためゴーグルをつけて採取にあたりました。

 

カエンタケを見つけてもけっして触れないように、顔を近づけることも危険ですので、注意してください!

今回見つかった場所は、雑木林の中の道路脇で、近くに小学校があり通学路になっています。

子供たちの安全のため、危険を知らせる看板を設置することになり、カエンタケの発生について保護者の方々へも通知していただきました。

 

2

 

3

 

1

 

また近年、虫が入って木を枯らす‘ナラ枯れ’が広がっており、これに伴ってカエンタケの発生増加に関連しているとも言われています。

 

山の中だけでなく、このように身近な場所での発生が報告されてきていますので、厳重にご注意ください!

ご質問などございましたら、岩出菌学研究所までご遠慮なくお問い合わせください。

 

岩出菌学研究所

三重県津市末広町1-9

TEL:059-228-5786

http://www.iwade101.com/

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM