RSS | ATOM | SEARCH
オオイチョウタケ2019

 

「オオイチョウタケ(大銀杏茸)」の季節になりました。

岩出菌学研究所では、杉林を活用したオオイチョウタケの自然栽培をおこなっています。

 

ようやく朝晩の気温が下がってきましたので発生し始め、

今年初めての収穫をおこないました。

三重県津市美杉町では「スギタケ」と呼ばれて親しまれている、とても美味しいきのこです。

 

author:岩出菌学研究所, category:オオイチョウタケ, 14:05
-, -
オオイチョウタケ&姫マツタケ米

 

先月、三重県津市美杉町の杉林で「オオイチョウタケ」の菌床の植え込みを行いました。

 

オオイチョウタケは杉林を好んで発生することから、三重県の山間部では‘スギタケ’の愛称で親しまれています。

香り高く歯ざわりも良い美味しいきのこですが、天然の発生は希少です。

 

現在、岩出菌学研究所では種菌を供給し、県内外の適した地域で杉林地を活用したオオイチョウタケの栽培事業を始めています。

 

杉林の斜面の向き・杉林の伸び具合など、オオイチョウタケの育つ環境には適する条件が必要ですが、

杉林地に種菌がうまく着生すると、定期的に9月〜10月頃発生が見られ収穫をおこなえます。

 

 

 

 

同じく5月に「姫マツタケ特別栽培米」の田植えもおこないました。

恒例の‘姫マツタケのエキス‘を用いて育てるお米です。

 

三重県津市内の緑豊かな山里で、栽培をおこなっています。

 

きのこもお米もたくましく成長しますように。

岩出菌学研究所

三重県津市末広町1-9

http://www.iwade101.com/

author:岩出菌学研究所, category:オオイチョウタケ, 08:43
-, -
オオイチョウタケ フェスティバル

 

岩出菌学研究所で栽培に取り組む、香り高く希少なキノコ「オオイチョウタケ(大銀杏茸)」

 

9月23日(日)三重大学生物資源学研究科の学生さんたちと共同で、津市のレストラン「プレーゴ供徑佑里感力をいただき、

「オオイチョウタケ フェスティバル」を開催しました。

収穫のシーズンである今の時期しか食べられない貴重な「オオイチョウタケ」、

たくさんの方にオオイチョウタケの美味しさを味わっていただくことができました。

 

最初に三重大学の学生さんと岩出菌学研究所原田より、

オオイチョウタケの栽培の取り組みについて、また研究活動について報告をおこないました。

 

続いて試食会☆

きのこ入りシャンパンで乾杯!

 

プレーゴ鈴木シェフによる、キノコをふんだんに使ったスペシャルメニュー☆

きのこのブルスケッタ

鴨のスモークとシャンピニオンのサラダ仕立て

きのこの揚げリゾット

自家製ボイルハムときのこのチーズリゾット

きのこリゾット

オオイチョウタケピッツア

きのこパスタ(3ー4種類)

豚フィレ肉ときのこのローマ風サルティポッカ

チョコレートのマカロンとメレンゲのきのこ

 

 

 

ムッシュコウノヤ様特製のオオイチョウタケ入りきのこショコラ☆

「オオイチョウタケパヴィショコラ」

 

 

 

きのこを囲んで、きのこの話題がつきない楽しい夜となりました。

 

author:岩出菌学研究所, category:オオイチョウタケ, 11:48
-, -
オオイチョウタケ収穫 2018

 

三重県津市美杉町の杉林で栽培を続けている「オオイチョウタケ(大銀杏茸)」

今年の収穫が始まりました。

 

 

 

販社のシエンを通して種菌供給と栽培指導をしています。

お問い合わせ TEL.059-213-0404(シエン)

メールはkinoko@iwade101.comまで。美味しいきのこですよ!

 

岩出菌学研究所

http://www.iwade101.com/

author:岩出菌学研究所, category:オオイチョウタケ, 13:59
-, -