RSS | ATOM | SEARCH
岩出亥之助博士 生誕120年

 

『相談室・展示室のご案内』

 

研究所内に、姫マツタケ(岩出101株)をはじめとしたきのこ研究の学術報告、資料、書籍等の展示室を設けています。

ご飲用のみなさまからいただいたお手紙もご覧いただけます。


今年は岩出亥之助博士生誕120年の亥年。岩出博士ゆかりの品々を展示しています。

岩出亥之助博士(1899-1988)

 

きのこ研究に生涯をかけた博士は、『キノコの心を知れ』という言葉を残しています。

 

 


博士が描いたきのこ原図

‘きのこの心‘を感じていただけると嬉しいです。

 

 

姫マツタケ(学名:アガリクス・ブラゼイ・ムリル)は1975年に岩出菌学研究所で世界で初めて

人工栽培に成功したきのこです。岩出博士が和名を「ヒメマツタケ」と命名しました。

 

ご飲用のご相談、展示のご見学にどうぞお気軽にお立ち寄りください。

 

岩出菌学研究所

三重県津市末広町1-9

059-228-5786

http://www.iwade101.com/profile.html

 

 

author:岩出菌学研究所, category:岩出亥之助博士, 17:34
-, -
岩出博士と昭和の時代

 

2月3日は、岩出菌学研究所設立者 岩出亥之助博士の命日でした。

岩出博士は昭和38年、きのこ類の研究・指導を目的に「岩出菌学研究所」を設立しました。

きのこ栽培技術の確立、栽培指導、普及に努めた博士。
平成にかわる前年の昭和63年生涯を終えられました。

 

昭和の時代、研究所裏の海岸は海水浴場としてたいへんにぎわっていたそうです。
niezaki2

堤防間際に建てられた研究本館は当時のまま残っています。

今でも昭和の空気が漂う雰囲気で、海岸のにぎやかな声が遠くに聞こえてきそうです。

 

平成の月日が流れ、今年は新たな年号にかわります。

新しい年号の時代も、岩出博士の掲げた「きのこを通して社会に貢献する」を理念に歩み続けてまいります。

 

きのこを通して社会に貢献する 
岩出菌学研究所 
http://www.iwade101.com/

author:岩出菌学研究所, category:岩出亥之助博士, 17:30
-, -
マツタケオール

 

1938年(昭和13年)岩出亥之助博士は、‘マツタケ’の香りを人工的に化学合成することに成功しました。
そして博士はその主成分を『マツタケオール』と命名し、世界に認められました。


この研究が実り、キノコの特殊成分の研究および発明について「日本林学会奨学賞」と「白澤賞」を受けています。

こちらは当時の‘Mathutake-ol’(マツタケオール)の瓶
マツタケオール
当時は松茸が豊富な時代、

研究に使われた松茸の量は今では考えられないほどの量であったと言われています。

 

‘松茸の素’と‘松茸のかおり‘も生産されていました。

 

展示室では岩出博士ゆかりの品々の展示をおこなっています。

http://www.iwade101.com/doctor.html

author:, category:岩出亥之助博士, 14:09
-, -
岩出菌学研究所 55周年

岩出菌学研究所は、きのこ研究と指導を目的に1963年(昭和38年)岩出博士により

設立されました。今年で55年を迎えます。

 

創設者 岩出亥之助博士(1899-1988)

 

岩出博士はきのこ研究の第一人者と知られ、きのこの栽培技術の確立、普及指導に努めました。
博士が愛用した書籍がたくさん残されています。
東京帝国大学時代の学術誌をはじめ、辞書や資料・きのこ研究に関する論文など、貴重な文献が残されており、博士の軌跡をたどることができます。

岩出博士蔵書の展示をおこなっています。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

1


2

岩出菌学研究所

三重県津市末広町1-9

TEL:059-228-5786

author:, category:岩出亥之助博士, 09:48
-, -