免疫チェックポイント阻害作用

  • 2016.11.30 Wednesday
  • 10:23

 

12月5日から、「第45回日本免疫学会学術集会」が開催されます。

 

このたび、岩出菌学研究所原田(農学博士)と三重大学医学部免疫学研究室のメンバーで、姫マツタケについての研究報告をおこないます。

今回の発表は、

Agaricus blazei  Murrill extract inhibits the expression of immune checkpoints

in lung cancer mouse model」

(ヒメマツタケ抽出物の肺がんモデルマウスにおける、免疫チェックポイント阻害)についてです。

 

近年「免疫チェックポイント阻害剤」の治療薬が注目を集めています。

三重大学免疫学の研究チームとの共同研究で、姫マツタケに免疫チェックポイント阻害のはたらきがあることが解明され、このたび発表をおこないます。

12月

学術集会記録に発表内容が掲載されています。

 

新たな免疫治療として、今後大きく期待される「免疫チェックポイント阻害作用」。

みなさまのお体の回復に、姫マツタケがさらなる力となりますよう、研究と開発を進めています。

 

第45回日本免疫学会

  • 2016.11.14 Monday
  • 11:32

 

「第45回日本免疫学会」が2016年12月5日〜7日 沖縄で開催されます。

学会2

http://www.jsi-men-eki.org/jsi45/index_jp.html

 

岩出菌学研究所は、三重大学医学部免疫学研究室とおこなってきた共同研究の発表をおこないます。

Agaricus blazei  Murrill extract inhibits the expression of immune checkpoints

in lung cancer mouse model」

(ヒメマツタケ抽出物の肺がんモデルマウスにおける、免疫チェックポイント阻害)

 

姫マツタケ(岩出101株)はβ-D-グルカンをはじめ数多くの成分をバランス良く含み、マクロファージ・NK細胞・樹状細胞などの免疫担当細胞を活性化させ、生体のホメオスタシス(恒常性維持機能)を調整することを基礎・臨床実験によって証明してきました。   

そして今回、新たな研究により姫マツタケに「免疫チェックポイント阻害作用を有する物質」があることが見つかり発表をおこないます。

 

ここ数年、がん細胞が免疫のはたらきにブレーキをかけて、免疫細胞の攻撃を阻止していることが分かってきました。

「免疫チェックポイント」という免疫のブレーキ役の物質をがん細胞が出して、免疫細胞の働きを抑え、ガン細胞自身が攻撃されないようにしているのです。

そこで近年注目をされているのが、「免疫チェックポイント阻害剤」という治療法です。

がん細胞によるブレーキを解除することで、免疫細胞の働きを再び活発にしてがん細胞を攻撃できるようにするという新たな治療法です。

研究の中で、姫マツタケにこの免疫チェックポイント阻害のはたらきがあることが解明されました。新たな薬理作用としてさらなる研究に取り組んでいます。

 

姫マツタケ

岩出菌学研究所 http://www.iwade101.com/

日本きのこ学会第20回大会 ご案内

  • 2016.08.23 Tuesday
  • 09:36

 

「日本きのこ学会第20回大会」が開催されます。

 

期日:平成28年9月7日(水)〜9日(金)

会場:静岡県男女共同参画センター「あざれあ」
   静岡市駿河区馬渕1丁目17-1(静岡駅近く)

 

日程:9月7日 編集委員会・理事会
   9月8日 午前中:一般発表、学生会員発表、高校生発表・表彰式
       午後:学生会員発表、一般発表、公開シンポジウム
       夕刻:懇親会(ホテルアソシア静岡)
   9月9日 午前中:一般発表
       午後:発表、総会、授賞式、受賞記念講演

 

岩出菌学研究所は、9/8の公開シンポジウム、9/9一般講演で発表をおこないます。

9/8公開シンポジウム 「ガルガルを通じた国際貢献を目指して」原田栄津子

9/9一般講演 「ヒメマツタケの放射線防護作用」について

   (岩出菌学研究所 原田栄津子、森園智浩・千葉大学医学部放射線腫瘍学 斉藤正好教授)

 

詳細は日本きのこ学会ホームページをご参照ください。

http://www.jsmsb.jp/

第20回大会ご案内

http://www.jsmsb.jp/next_meeting/?action=common_download_main&upload_id=899

 

 

グリフォーラ ガルガル

日本免疫学会2015

  • 2015.11.30 Monday
  • 14:52
2015年11月18日〜20日 札幌市にて『第44回 日本免疫学会学術集会』が開催されました。
http://www.jsi-men-eki.org/jsi44/index_jp.html
岩出菌学研究所は、三重大学の免疫学研究チームとの共同研究について報告をおこないました。

◇グリフォーラ・ガルガルの抗アレルギー効果について

Inhibition of Mast Cell Activation by Gargalols from New Medicinal Mushroom Grifola gargal Singer  

◇姫マツタケ抽出エキス「プリトンFD」の樹状細胞活性化に関して
A polysaccharide (Priton-FD) from Agaricus blazei Murrill promotes the maturation of dendritic cells
 
免疫学会1  免疫学会2
写真左:三重大学大学院医学系研究科免疫学分野 ガバサ・エステバン教授と研究室メンバー
写真右:岩出菌学研究所 原田栄津子(農学博士)

岩出2
http://www.iwade101.com/

きのこ学会 inつくば

  • 2015.09.17 Thursday
  • 09:15

9月5日、6日 第19回きのこ学会がつくば国際会議場にて開催されました。
今回、岩出菌学研究所はポスター発表にて、グリフォーラ・ガルガルの研究発表をおこないました。
「 新規薬用きのこ Grifola gargal の腫瘍増殖抑制効果に関する検討 」

○原田栄津子, 森園智浩, 齋藤正好* ((株)岩出菌学研究所,*千葉大医学院・放射線腫瘍学)

みなさんガルガルの発表を興味深く熱心に聞いてくださいました。
とてもフレッシュなきのこ研究者たちも話を聞きにきてくれました。
学会3 学会1
彼女たちは、高校生によるプレゼンテーションで「サナギタケの人工栽培に関する研究」を発表した群馬県の高校生です。
学会2

‘サナギタケ’はチョウやガのさなぎから発生する冬虫夏草の一種のきのこです。
サナギタケ

若き研究者たちが、いつかチョウになって羽ばたきますように☆

日本きのこ学会 第19回大会

  • 2015.09.04 Friday
  • 17:23

明日より「日本きのこ学会第19回大会」が開催されます。

平成27年9月5日(土)、6日(日)
会場:つくば国際会議場 茨城県つくば市竹園2-20-3

■公開シンポジウム (一般参加可・無料) [中ホール 300 ] 9月5日13:30-16:30
 テーマ:「きのこを取り巻く変わりゆくもの変わらないもの」
■受賞講演 [中ホール 300] 9月6日 14:00-15:00

■今回、岩出菌学研究所はポスター発表(9月5日10:00-11:00)にて、グリフォーラ・ガルガルの研究発表をおこないます。
<プログラムより>
P-35 新規薬用きのこ Grifola gargal の腫瘍増殖抑制効果に関する検討 

○原田栄津子, 森園智浩, 齋藤正好* ((株)岩出菌学研究所,*千葉大医学院・放射線腫瘍学)


きのこの科学技術に関する研究の普及・発展のため、全国のきのこに携わる研究者、きのこ栽培の技術者が集います。
日本きのこ学会 http://www.jsmsb.jp/

免疫学会

  • 2014.12.18 Thursday
  • 09:37
12月10日〜12月12日 国立京都国際会館にて『第43回日本免疫学会』が開催されました。
岩出菌学研究所 原田が所属する三重大学免疫学研究室より、「グリフォーラ・ガルガル」と「姫マツタケ」の発表をそれぞれおこないました。

◆ グリフォーラ・ガルガルの抗アレルギー効果
Inhibition of Mast Cell Activation by Grifola gargal

HARADA Etsuko1, 2, SUDO Noriko2, TODA Masaaki2, YASUKAWA Atsushi2, ROEEN Ziaurahman2, CHELAKKOT GOVINDALAYATHIL Ayshwarya L. 2, YASUMA Taro2, URAWA Masahito2, D'ALESSANDRO-Gabazza Corina N.3, KOBAYASHI Tetsu3, GABAZZA Esteban C.2 (1Iwade Research Institute of Mycology., Ltd., 2Department of Immunology, Mie University School of Medicine, 3Department of Pulmonary and Critical Care Medicine, Mie University School of Medicine)

◆  姫マツタケ(FIII-2-b)画分による樹状細胞の成熟増強作用
A polysaccharide from Agaricus blazei Murrill (FIII-2-b) promotes the maturation of dendritic cells

SUDO Noriko2, HARADA Etsuko1, 2, TODA Masaaki2, YASUKAWA Atsushi2, ROEEN Ziaurahman2, CHELAKKOT GOVINDALAYATHIL Ayshwarya L.2, YASUMA Taro2, URAWA Masahito2, D'ALESSANDRO-Gabazza Corina N.3, KOBAYASHI Tetsu3, GABAZZA Esteban C.2 (1Iwade Research Institute of Micology., Ltd., 2Department of Immunology, Mie University School of Medicine, 3Department of Pulmonary and Critical Care Medicine, Mie University School of Medicine)

免疫学会ホームページ
http://www.jsi-men-eki.org/jsi43/index_jp.html

141218免疫学研究室のメンバー
みんなガルガルガールの仲間です☆



日本きのこ学会25周年記念大会 御礼

  • 2014.09.17 Wednesday
  • 10:35
9/11、12 京都大学にて、「日本きのこ学会25周年記念大会」が開催されました。

今回の学会では、岩出菌学研究所 原田が「奨励賞」を受賞しました。
受賞者講演では『食用担子菌 Grifola gargal の分類学的解析 および培養技術開発』について講演させていただきました。

25taikai1
25taikai2
多くのかたのお力とご協力のおかげで、ここまで歩んでくることができました。
心より御礼申し上げます。
今後も、さらなる研究を深め、「きのこを通して社会に貢献する」の気持ちを忘れず所員一同邁進してまいります。
今後とも何卒ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

日本きのこ学会25周年記念大会

  • 2014.08.21 Thursday
  • 12:32
9/11〜9/12 日本きのこ学会 25周年記念大会が京都で開かれます。

nihonkinokohttp://www.jsmsb.jp/meeting_next/

期日: 平成26年9月11日(木)-12日(金)
会場: 京都大学 百周年時計台記念館 
スケジュール
9 月11 日(木)
 10:00 − 12:00 市民公開シンポジウム
  「ブーム到来!きのこ女子と食の魅力」
 
 13:00 − 14:00 ポスター発表(一日目)
  小中高生による発表:13:00 − 13:45
 14:00 − 14:10 小中高生表彰式
 14:10 − 16:00 記念式典

9 月12 日(金)
  9:00 − 10:00 ポスター発表(二日目)
 10:10 − 11:00 総会
 11:00 − 12:00 受賞記念講演
 
 13:00 − 13:10 ポスター賞表彰式
 13:15 − 16:30 特別シンポジウム
  「子実体形成はどこまでわかったか?」

今回、「奨励賞」を受賞した岩出菌学研究所原田は、9/12に受賞者講演をおこないます!
『食用担子菌 Grifola gargal の分類学的解析 および培養技術開発』について。

gargal81

日本きのこ学会 奨励賞受賞

  • 2014.08.01 Friday
  • 09:52
岩出菌学研究所 原田栄津子(農学博士)
「日本きのこ学会 25周年記念大会」 奨励賞受賞 決定!

南米チリ原産のきのこ「グリフォーラ・ガルガル」ガルガル
原田は、チリの現地の人も探しあてることがむずかしい未知のキノコ「グリフォーラ・ガルガル」を採取、2006年に世界で初めて人工栽培に成功させました。
このたび「日本きのこ学会 25周年記念大会」にて、
奨励賞『食用担子菌 Grifola gargal の分類学的解析 および培養技術開発』の受賞が決まりました!

受賞者講演:平成26年9月12日(金)
会場:京都大学 百周年時計台記念館(京都市左京区吉田本町)
http://www.jsmsb.jp/meeting_next/

gargal81
人工栽培成功から、グリフォーラ・ガルガルの成分分析、薬理作用の研究をすすめ、薬用キノコとして活用されるキノコへとさらに成長させています。えつこさん

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM