RSS | ATOM | SEARCH
夏季休業のお知らせ

 

【2020年 夏季休業のお知らせ】
岩出菌学研究所の夏季休業日は下記のとおりとなります。

2020年8月12日(水)〜8月16日(日)休業
8月17日(月)より通常営業となります。

 

ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

梅雨が明けて急激な暑さとなってきています。

室内でも温度と湿度に気を付けて、こまめな水分補給でお体大切にお過ごしください。

 

 

ーきのこを通して社会に貢献するー

 

岩出菌学研究所

http://www.iwade101.com/

 

 

author:岩出菌学研究所, category:お知らせ, 15:59
-, -
きのこ鑑定 コツブタケ

きのこ鑑定にきのこが持ち込まれました。

お芋のようにも見えますが・・。

 

割ってみると、中が粒粒の層になっていました。

「コツブタケ」というきのこです。

毒きのこではありませんが、食べられません。

 

雨の多い季節、庭や公園など身近な場所で自生のきのこを見つける機会が多くなります。

もし食用にお考えの場合は、専門家に必ずおたずねください。

岩出菌学研究所では、きのこアドバイザーによるきのこ鑑定をおこなっています。

どうぞお気軽にご相談ください。

 

岩出菌学研究所

三重県津市末広町1-9

059-228-5786

 

author:岩出菌学研究所, category:きのこ鑑定, 14:03
-, -
手作業のきのこ栽培

 

岩出菌学研究所の栽培施設にて、手作業できのこの試験栽培をおこなっています。

手作業でおこなうことで、きのこ作りの感覚を体で覚えます。

 

長年使い続けている攪拌機

堆肥を調合して攪拌し、培地を作ります。

 

培地のでき次第によって、きのこの発生量にも影響が出てきます。

そのため、水分量など培われた感覚により培地の状態を見極めることが大切となります。

 

 

次に木枠を使い、手作業で培地をビニールへ入れていきます。

 

 

次に培地の滅菌をおこない、その後きのこの植菌になります。

 

きのこと対話するような気持ちで感覚を培い、より良いきのこ作りに取り組んでいます。

植菌の後、きのこの発生に向けてさらに対話が続けられます。

 

岩出菌学研究所

三重県津市末広町1-9

059-228-5786

http://www.iwade101.com/

 

author:岩出菌学研究所, category:きのこ栽培, 09:08
-, -
コプリヌス栽培

 

栽培所にて、「コプリヌス」を栽培中です。

自然の気温、湿度で管理しながら成長の様子を見ています。

順調に発生を繰り返し今回で3度目の発生になります。

 

 

 

学名:Coprinus comatus コプリヌス コマトゥス

和名:ササクレヒトヨタケ

コプリヌスは、強い抗酸化作用をもつ「エルゴチオネイン」という成分を多く含有しています。

食用としても利用される美味しいキノコです。

author:岩出菌学研究所, category:きのこ栽培, 09:49
-, -
シイノトモシビタケ

 

光るきのこ「シイノトモシビタケ」☆

 

三重県の南紀地方で、所員がシイノトモシビタケを見つけてきました。

ヤコウタケは傘(ひだ)のみ光りますが、シイノトモシビタケは傘と柄が光ります。 

 

 

 

 

三重県南部の海も山も美しい場所です。

 

 

author:岩出菌学研究所, category:光るきのこヤコウタケ, 13:47
-, -